hamaayu memories

アトランティカの日々の日記です。
TOPスポンサー広告 ≫ グラフィックカード(ビデオカード)TOP自作PC ≫ グラフィックカード(ビデオカード)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

グラフィックカード(ビデオカード)

最初にも書きましたが
このブログはintel+NVIDIAに特化した内容となってます

AMDの方のリンクの許可が下り次第リンク貼ります。。


まずはGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)について書いていきます
安易に手に入る物は3社が作ってます

intel
NVIDIA
AMD(ATI)
の3社です

現状手に入る物で、intelはLGA1155のCPUのみになります
また、処理性能は、他の2社と比べて、格段に劣ります

これについては、CPUと一体なので
GPU性能で選ぶ人はいないと思うので、今回はスルーします


ATIのグラボはRadeonのことしか知らないため
そのことしか書けないです。。

NVIDIAとATIの大まかな違いですが
ATIの方が値段の割に高性能です

ただし、ソフトウェア(ゲームなど)をの、相性が
NVIDIAのGeForceと比べると多いようです

私も1回はRadeonに手を出しましたが、アトラが相性で当たったため
相性保証でGeForceに交換しました(そのときに、上の事を店員から言われましたw)

その後は、1枚グラボを買ってますが、迷う事無くGeForceにしてます

これは、どっちが良いってことでなく、好みですね

ATIの情報はこれくらい><


続いてNVIDIAについて
NVIDIAは2種類のGPUを生産してます
1個がGeForce
もう1個がQuadroです

この2個の違いですが
ものすごく簡単に説明すると
GeForceが遊び用途
Quadroが仕事用途です

性能も値段も、GTX690が10万円に対し
Quadro6000は50万円です(安い物は3万円くらいから)

上に書いた遊びと、仕事の違いですが
directXとOpenGLの違いです
前者はゲームなど
後者は3次元CADやCG制作などに多く使われています

adobe製品はQuadroに特化して制作されているため
大幅に、パフォーマンス向上が狙えます

しかし、OpenGLに特化しているため
directXに特化したGeForceよりも
ゲームなどでは遅くなります

なので、OpenGLのプログラムを使用しない人たちは
GeForceのが安くて速いです

ただし、お互いサポートはしているので
動かない事はないです

Quadroと同じ立場のATI製品はFireProです
こちらも、Quadroと同じ事が言えると思います


では、RadeonかGeForceでどのランクのGPUを選ぶかですが
Radeonは、わからないので他の方のところ見てくださいw


GeForceには、GTXとGTSとGTと無印が存在します
左から順に高性能です

現行商品の600シリーズで売られているのは
GTXとGTのみ となります

また、十の位の数字が大きくなるほど高性能になります
また、最後に「Ti」と書いてある物は、同じ数字の物よりも高性能
1個上の物よりも劣る という立ち位置になります

また、最上位の690だけ、特殊で
690は680*2の構造となっているため
性能差が、他のところよりも大きくなっています

GPU選びを文字にするのは難しいですが・・
i7で660Ti以上
i5で650Tiか660Ti
i3で640~650Ti
ってくらいでしょうか?
ゲームする事を考えた場合です
i3でネット見る程度なら、オンボードで十分だと思います

また、4kモニタを狙っている人や、フルHDデュアルモニタ以上で2画面以上でゲームしようと思っている人は
ビデオメモリが2GB以上ないと、処理速度が大幅に低下すると思います


また、690に近いほど、映る映像が鮮明になります
デスクトップのみの表示でも、綺麗に映ります

10万円のモニタを購入予定の方は、釣り合うには680以上を持ち込む必要があると思いますし
逆に1万円のモニタなら、ある一定以上の違いはわからないと思います

このことを頭の片隅にでも、置いておくと良いかもしれません

ちなみに、本体価格20万円の自作PCだと
グラボは3万円前後の
660Tiか670になります


また、SLIと呼ばれる機能もありますが(2枚のグラボを1枚に見立てる)
値段が高くなる上に、電気代も大幅に上がるため
オススメしません

690の性能が必要な人が670*2だったら、良いのかも知りませんが
本体の値段が、跳ね上がります(当たり前)
これ以上のパフォーマンスが必要な人(何するのか予想もできませんが)
は、SLIする価値はあると思いますが
それ以外の人は、趣味として、やりたければやる
という風な感じで良いのではないでしょうか

ただ、これは、OCと違い仕様なので
修理やサポートはフルに受けれます


また、販売メーカーですが
今ならMSIが1番安定してます(高価だけど)
安いのが良ければ、玄人志向が、いいと思います
ただし、メーカーサポート一切無し(修理や保証はあります)
ゲームの何か とかのオプションは一切ありません
入ってる物は、グラボ+ドライバDVD(CDだっけ・・)のみで
説明書もありません
その分安くなってるので、買うならば、ある意味自己責任でw


グラボはこれくらいだと思います
ってか、これでわかったら、すごいけどね!

グラボは、CPUと釣り合ってはじめて生かせるので
予算を決めて、オーバーするようなら
CPUごと格下げ
余裕があって、もっと高性能な物が欲しかったら
GTX670くらいにして、CPUを格上げ
って感じに、この二つで調整していくのがベストだと思います

絶対してはいけないのが、マザーの過度な格下げ
CPUとグラボが高性能でも
メリハリのある動作をしなくなります

ここにきて、曖昧な表現を使いますが
バランスを考えよう!

でわ、フリフリ((ヾ(。・д・。)マタネー♪



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

hamaayu

Author:hamaayu
HM:hamaayu
アト杖@スキル特化
鯖・・・ホルス(旧アマリネージュ)
レベル・・・155

ついったー
アクセス数
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。